SB5のコーナリングスピードについて考える

SB5のコーナリングスピードについて考えてみました

ライダーは動かないので 重心Gは移動しません

CIMG4669.jpg


遠心力(黄矢印)は質量×秒速×秒速÷半径(R)です

重力(緑矢印)は質量×9.8です

フロントタイヤはセルフステアなどで前を向き タイヤスリップなく最大バンク角で走りぬけたと仮定して 

接地点にかかる力を遠心力と重力方向に分けると

        遠心力:重力=41:32 という比率

これらの数値から コーナーのRの大きさごとの最大コーナリングスピードを求めてみました

R=4m → 25.5Km/h  (7.1m/s)

R=3m → 22.1Km/h  (6.1m/s)

R=2m → 18.0Km/h  (5.0m/s)

R=1m → 12.8Km/h  (3.5m/s)

クリッピングポイントのスピードと考えればよいのでしょう

その後の加速によりバイクは起き上がっていくと考えられます

 (遠心力が大きくなり 白矢印は接地点を超え 右方向へ移動するため)

実際は これより遅いスピードでサイドガードを擦ってドリフト気味にコーナリングしているようです

逆に これより速いスピードで突入すると ハイサイド!かコースアウト!ということいなるようです




次に重心の高さについて考えてみます

以前調べたら SB5はFM1eより高位置でした

重心の影響をSB5で検討してみました

 CIMGgup.jpg

実際の重心Gに対して 極端に高位置のG’を想定して調べてみました(破線)

  遠心力:重力=61:43  で計算すると

R=4m ですが 重心が上がった分半径も小さくなるので

R=3.98mで計算します

26.8Km/h (7.43m/s)

と言うことで 

単純にコーナリングスピードだけを考えれば バンク角と高重心が重要な要素です

これからも SB5の方がコーナリングスピードが速いことがわかりました

車高を試してみるのは 良い方法かもしれませんね

もちろんラインどりが重要なことは言うまでもありません

ご参考までに


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

tag : RCバイク

コメント

非公開コメント

楽しみです

静岡のOさんへ

いつもありがとうございます。

次回お会いする時はさらに速くなっていそうですね。

車高を上げるとバンク角が稼げるし、重心も上がるので効果的だと思います。
わたしのFM1eも車高を1cmほど上げています。
9/22(土)楽しみにしています。

またよろしくお願いします。

次回9/22行く予定です。

お久しぶりです。
前回のサーキット走行から僕のマシンも少し設定を変更しました。

そのなかで、車高を上げた時少しコーナリングが速くなった感じがしていました。その時は、どうしてそうなったか良く分っていませんでしたが、motomotoさんのこの説明で納得出来たような気がします。

少しでも操縦し易くして、みなさんと一緒に走れるようにセッティングしております。
次回、藤岡へは9/22(土)に行く予定です。

またよろしくお願いいたします。
プロフィール

motomoto

Author:motomoto
MIC RACING TEAM へようこそ

名古屋市中村区で活動中
主宰のmotomotoです

RC歴は長いので   
培ったノウハウ使って 
お金をかけずに楽しみたい

現役時代は二足のわらじ
休む間もなく仕事して
家族に迷惑かけたけど 
今ではそれでよかったと思っています
  
音楽大好き アニメ大好き 
料理や家事も大好きな
ちょっと変なおやじです

 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ